普段の生活にサプリメントを取り入れてる人は年々増えているようです。すっかり定着したといっても良いでしょう。一口にサプリメントといっても大変多くの種類があります。そんな中、ピクノジェノールというサプリメントに注目してみたいと思います。ピクノジェノールは、フランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ているものです。ピクノジェノールにはフラボノイドが多く含まれていて、その有効性も大変多くの試験によって知られています。

子宮内膜症にピクノジェノール

世界中で注目されているピクノジェノールですが、ピクノジェノールが子宮内膜症などにも有効である事が分かっています。

重度の子宮内膜症で不妊に悩んでいた人がピクノジェノールのサプリメントの摂取を続け、1ヶ月程で妊娠したなどという体験談も見かける事ができます。

子宮内膜症と不妊の治療は同時にはできません。ピクノジェノールは薬ではないので不妊治療中でも食品として摂取でき効果的であるわけです。

ピクノジェノールには強い抗酸化成分が含まれ、プロアントシアニジンや40種類のフラボノイドが含まれており、ビタミンC・Eよりも活性酵素を撃退する作用が強いのです。

活性酸素はさまざまな病気を引き起こす原因となります。子宮内膜症もしかりです。

ピクノジェノールに豊富に含まれる活性酵素を取り除く抗酸化物質、これが特に注目を集める理由です。

ピクノジェノールは、体内の活性酵素を除去する他にも、血流をはじめからだの各機能を活発にする効果が他の食品よりもずば抜けているのです。

また、薬には副作用がつきものですが、ピクノジェノールは食品なのでそれがありません。したがって気軽に摂取ができます。そのうえ効果が期待できるなら試してみる価値は大いにあります。

ただし、治療中の摂取の際には医師と相談はしておきましょう。
posted by pikipiki at 14:48 | サプリメントについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメントとは

身体に必要な栄養素を全て食事から摂るのは難しいものです。好き嫌いも出てきますしね。身体に必要な栄養素は、当サイト紹介するピクノジェノールをはじめ、コエンザイムQ10やミネラル、ビタミン類などです。特にピクノジェノールなどは松の樹皮から摂れるものなので食事から摂る事はとても難しい栄養素と言えます。

そこで、サプリメントということになるのですが、あらためてサプリメントとはどういったものなのでしょうか。サプリメントの意味について考えてみたいと思います。

サプリメントはもともとアメリカのダイエタリー・サプリメントの訳語だそうです。アメリカでは、医療費が日本と比べてとても高いのです。公的な健康保険制度というものもありません。したがって、日頃の健康管理は自分でしなければならず、薬よりも安価なサプリメントが幅広く普及しているのです。

日本では、もともと、サプリメントは身体に不足した栄養素を補充する目的で使用されてきましたが、健康意識の高まりとテレビなどでも頻繁に取り上げられるようになったことと、医療費の高まりの対策としての国政の予防医学として、法整備や規制緩和が行われた事からも日本でも一大市場となったようです。

サプリメントがアメリカで普及しだしたのは1910年ごろだそうです。ビタミンのサプリメントの消費から始まりました。日本でサプリメントの販売が可能になったのは、1996年です。規制が緩和されたわけです。現在、栄養補助食品や健康補助食品とも呼ばれ、略称はサプリとして知られていますが、法的には食品の区分になっています。

今は、さまざまなサプリメントがどんどん市場に出てきていますが、よくないイメージも少なくありません。たとえば、マルチ商法といった病気の人の心理に漬け込んだ、悪質なことも行われたりしています。
posted by pikipiki at 11:22 | サプリメントについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。