普段の生活にサプリメントを取り入れてる人は年々増えているようです。すっかり定着したといっても良いでしょう。一口にサプリメントといっても大変多くの種類があります。そんな中、ピクノジェノールというサプリメントに注目してみたいと思います。ピクノジェノールは、フランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ているものです。ピクノジェノールにはフラボノイドが多く含まれていて、その有効性も大変多くの試験によって知られています。

フラバンジェノール

フラバンジェノールとはピクノジェノールの別名です。フランスでは一般に「フラバンジェノール」と呼ばれ、この名称は商標登録されています。最近、日本でもフラバンジェノール配合のお茶などを見かける事ができます。

日本には先にピクノジェノールと言う名称で入ってきた為、どちらの名称も見かけ、あすが、成分的には同じ物です。

その有効成分はOPCと呼ばれるもので、ブドウの種からもとれることから、「ブドウ種エキス」としても販売されています。OPCは強力な抗酸化物質で、簡単に言えばポリフェノールの一種です。

OPCというのはとても特殊なフラボノイド特性というものを持った低分子抗酸化物質で、特に欧米では40年以上も研究・実験が重ねられたもので、その安全性・有効性は科学的に立証されています。研究の結果から、「現代最強の抗酸化物質」などとも呼ばれているそうです。

ピクノジェノールフラバンジェノールといった名称は少しずつ日本で浸透してきています。ブドウの種エキスもグレープシードと言われ、最近では名前が知られてきており、「OPC」という製品名で販売される事もあります。

しかし、ピクノジェノールは抽出法の違いによる体内での吸収率や、実際に含まれる有効成分量が各メーカーによってかなり差があるようなので、選ぶ際には注意が必要です。また、日本での価格はアメリカなどでの製品と比べるとかなり割高なようです。
posted by pikipiki at 20:25 | ピクノジェノールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピクノジェノールとは

ピクノジェノールとはいったいどんなものなのでしょうか。あまり、あまりメジャーではありませんが、ピクノジェノールについて簡単にまとめてみました。

ピクノジェノール
は、フランス生まれの健康成分です。フランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ています。フラボノイドの含有量が多く、その有効性は120件以上もの試験によって知られています。


松の樹皮であるフラボノイドポリフェノールは、もともと、ネイティブ・インディアンが松の樹皮を煎じてお茶として飲んでいたそうです。13世紀ごろの記録に、フランス人の探検家がカナダ原住民から与えられた松の樹皮と針葉を煎じたお茶を薬として使用したというのが残っています。

そして、その400年もあとに生理活性のあるフラボノイドの研究が始まり、ヨーロッパでの研究によって、生理活性の高いフラボノイドが含有している事が発見されます。それが、フランス海岸松の樹皮だったわけです。

その抽出物をホーファーリサーチ社というスイスの会社が「ピクノジェノール」として販売をスタートしました。別名では「フラバンジェノール」とも知られています。

日本でもピクノジェノールが配合されたサプリメントや化粧品などが発売されているので気になる方は試されてみてはどうでしょう。
posted by pikipiki at 11:54 | ピクノジェノールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。