普段の生活にサプリメントを取り入れてる人は年々増えているようです。すっかり定着したといっても良いでしょう。一口にサプリメントといっても大変多くの種類があります。そんな中、ピクノジェノールというサプリメントに注目してみたいと思います。ピクノジェノールは、フランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ているものです。ピクノジェノールにはフラボノイドが多く含まれていて、その有効性も大変多くの試験によって知られています。

コラーゲンやメラニンとの関係

女性はいつまでも美しくいたいと思うもの。そんな女性の肌の悩みの一つがしわです。しわのできる大きな原因は、肌のはりを保つたんぱく質の一種コラーゲンが年齢とともに減少していくことです。したがって、弾力のあるみずみずしい肌を保持するには、充分なコラーゲン量を維持する事が大切になります。

ピクノジェノールは、体内ビタミンCを効率的に利用する事でコラーゲンの生成を促進し、コラーゲンを分解してしまう酵素の働きも抑えるという役割を果たします。

また、ピクノジェノールは、もともとは血管などに関連する成分として注目されていました。体の隅々まで栄養や酵素を運び、老廃物を回収する血液の流れを良くし、血管もしなやかにする働きがあるのです。そのため肌にもしっかりと血液が行渡り、クマやくすみの気にならない肌を作る事にもつながります。

そして、ピクノジェノールは紫外線によってメラニン色素を作り出す酵素チロシナーゼを抑制する機能を持っています。過剰に作られたり、代謝が悪くなると色素沈着してしみとなってしまうメラニン色素をコントロールできる成分でもあるのです。つまり、美白を目指す女性にも嬉しい成分といえるでしょう。

このように、美容成分として最適なピクノジェノールですが、その強い抗酸化作用は様々な病気などにも効果があります。

ピクノジェノールは今後、大いに期待出来る健康食品のひとつではないでしょうか。
posted by pikipiki at 02:29 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ADHDにピクノジェノールの効果

ADHDとは子供の注意欠陥・多動性障害の事をいいます。ピクノジェノールがこのADHDを緩和するという研究結果がピクノジェノールPRセンターによって確認されたそうです。

ピクノジェノールは抗酸化作用のとても優れた物質であることが分かっているわけですが、この研究では、ピクノジェノールがストレスホルモンのバランスを整えて、「アドレナリン」や「ドーパミン」を抑制するため、結果的にADHDの症状が緩和される事が明らかになったというものです。

ストレスホルモンは、心拍数や血圧の上昇、神経過敏、興奮、覚醒を引き起こすホルモンで、健常者に比べてADHD患者はストレスホルモンの値が非常に高い事が知られています。

試験は、スロバキアの児童心理科で行われたそうです。研究の対象はADHD外来患者57名。1ヶ月の間、ピクノジェノールを41名に、プラセボ(偽薬)を16名に投与しました。ストレスホルモンの数値結果は、ピクノジェノール投与群は「アドレナリン」が26,2%、「ドーパミン」が10,8%減少し、一方プラセボ投与群には全く変化が見られないというものでした。

論文執筆者の1人の博士は、「ADHDの子供を持つ親には、子供に興奮剤による治療を受けさせる事を不安に感じる親も多いとされるが、そのような親にも子供にも、ADHDの症状を自然に緩和できるピクノジェノールはとても魅力的な健康食品であると言える」、と述べています。

今回の試験結果によって、ピクノジェノールが健康食品としては初のストレスホルモン低下作用のあるものだと分かったのです。

ピクノジェノールの美容効果や生活習慣病への効果はよく知られていますが、まだまだ色々な効果が期待できる健康食品といえます。
posted by pikipiki at 23:07 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピクノジェノールとアンチエイジング

ピクノジェノールは、プロアントシアニジンや40種類以上の有機酸を含む特殊なフラボノイド特性を持つ低分子の抗酸化物質・ポリフェノールグループに属しているものです。フランス海岸松樹皮から摂れる、ビタミンCやEよりもはるかに強力な老化抑制作用を持つ水溶性自然食品の商品が高品質の健康食品として製品化されており、健康やアンチエイジング、美容にとても良い製品となっています。

飲む化粧品」とも言われているピクノジェノールは、最近では通常の化粧品にも配合されています。ピクノジェノールは、肌からの吸収力も高く、血行などが気になる人にぴったりの成分を含んでいて、肌を老化させる大きな原因になる紫外線や活性酵素から肌をガードする効果もあるようです。

皮膚を形成するコラーゲンを高めて、肌のシミやそばかす、しわを防ぎ、はりと弾力をもたらしてくれます。また、優れた抗酸化力は、細胞のビタミンEを酸化から守り、酸化してしまったビタミンCの再生の働きもするとされているのです。

ピクノジェノールには炎症抑制の効果もあることが確認されており、ダメージを受けた皮膚を破壊からガードし、修復してくれる事からも紫外線、日焼け、老化対策として注目されています。

ピクノジェノール配合の化粧品としては、万能抗酸化物のアスタキサンチンとピクノジェノールが配合されたアンチエイジングのためのスキンケア化粧品などがあります。
posted by pikipiki at 17:35 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

生理とピクノジェノール

ピクノジェノールは女性特有の悩みなどにも効果がありそうなのですが、女性特有の生理痛にも効果のある成分とされています。

ピクノジェノールを実際飲んだことのある女性の体験談を幾つか見てみましょう。

生理のたびの激痛に悩まされていたある38歳の女性は、毎日夜に2、3粒のピクノジェノールを2ヶ月くらいの間飲んでいたそうですが、ピクノジェノールの効果で全く痛みが無いまでになったそうです。

また、生理不順に悩まされていた30代の女性も、朝に2粒、晩に2粒くらいのピクノジェノールを1ヶ月ほど飲み続けていたら、生理不順だけでなく生理痛も無くなり、常用していた鎮痛剤も止める事が出来たそうです。

子宮内膜症の18歳の女性は、毎日朝1粒、晩1粒ほど3ヶ月間飲み続けた結果、ひどい生理痛がおさまってきたということです。

36歳の子宮内膜症の兆しがあった女性は、ピクノジェノールを毎日2粒、3ヶ月ほど飲み続けると、所子宮内膜症も悪化せず、疲れやだるさもなくなったそうです。

これらのほか、子宮内膜症による腰痛、生理からの肩こりや体のこりなどが改善されたという体験談もあるそうです。

生理痛軽減の薬というと、効き目が強いかわりに胃への負担や副作用も気になるところですが、ピクノジェノールなら健康食品の部類ですし、安心して飲める成分でもあると思います。

生理による症状に悩んでいる方など、ピクノジェノールを試してみてはいかがでしょう。
posted by pikipiki at 10:58 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

老化とピクノジェノール

ピクノジェノールは、フランス海岸松から抽出されるフラバンジェノールに各種ビタミンを加えた商品で、欧米では30年以上も前からある有名なものです。日本でも少しずつ人気が上がってきています。人気の理由は高い抗酸化作用でしょう。抗酸化作用といえば、人気の高いものはやはり、コエンザイムです。

しかしこのピクノジェノールも非常に高い抗酸化作用を持っています。ピクノジェノールの原料である松の木はフランスの特定の地域にのみある松で、強力な抗酸化作用を持っていて、その作用はビタミンCの20倍、ビタミンEの50倍と言われているそうです。

最近は、アンチエイジングという言葉にもあるように、老化を遅らせるということにとても関心が高まっています。

抗酸化作用には、老化を遅らせる作用が知られていますが、肌に関してはコラーゲンの修復、酸化の防止などで若返りを図る事ができることも知られています。その他、炎症を早く治したり軽くする作用もあり、手術や怪我の治りを早めたり、関節痛を改善させたりするという報告もあるそうです。

老化が関わっているとされる病気も多くあります。アルツハイマー病、ガン、白内障、動脈硬化、脳梗塞、心臓病、関節炎などの病気です。これらの治療にもピクノジェノールが使われ、効果をあげているようです。

また、ピクノジェノールは上記の病気のほか、アレルギー、喘息、自閉症、うつ病、外傷、炎症、時差ぼけ、パーキンソン病など、様々な病気の治療や、補助的治療にも用いられ、研究もされています。

最近では、ペットの動物の治療にも使われ、ペット専用のピクノジェノールも出回っているそうです。

このように、ピクノジェノールは治療の現場でも多く使われるようになっているわけですが、コラーゲンやビタミンも含まれていることから、栄養補助にも役立ち、食品としての安全性も証明されていて、健康食品としても期待のできるものといえるでしょう。
posted by pikipiki at 11:01 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ストレス

ストレスはほとんどの人が抱えているわけですが、ピクジェノールが直接ストレスを緩和してくれるわけではありません。ストレスが引き起こすさまざまな危険因子から守ってくれるものとして、ピクノジェノールは大変有効なのです。

現代の社会では、仕事のストレスや人間関係のストレスなどさまざまなストレスが多くあります。このストレスによって食事が乱れたり、喫煙が増えたりと身体に害を引き起こすことが自然と増えてしまいます。

不健康なライフスタイルになってしまうことで、病気の危険性がとても高くなってしまうわけですが、特に怖いのは生活習慣病です。中でも血管系の病気には特に注意が必要です。なかなか普段から気をつけて、生活習慣を改めるのは困難な人が多いのも実情のようで、医師から「高い血圧を下げる薬を、高いコレステロールを下げる薬を、動脈が詰まらないように血液の抗凝結薬を飲みましょう」といった様な事を言われるまで放っておくことも多くなってくる事も事実です。

そうならないためには、やはり日頃からの予防が大切となります。そこで、この予防に多くの可能性を提供してくれるのがピクノジェノールという訳です。

ピクノジェノールは、悪玉コレステロールの減少や善玉コレステロールの増加、高血圧の正常化などの効果がよく知られています。ピクノジェノールの摂取によって、動脈硬化や高血圧などを引き起こす日常のストレス因子から血管・心臓を守る可能性も得られる事が分かっているのです。そして、胃潰瘍や心臓病の予防効果もある事が知られています。

アメリカでは、コエンザイムQ10とともに、ピクノジェノールが大変売れているそうです。また、

ピクノジェノールは、心臓の健康むけの複合製品にも理想的な成分といえるようです。
コエンザイムQ10と共に、ピクノジェノールの売り出しはアメリカでも成功をおさめています。また、抗酸化作用のあるビタミンCやEと組み合わせたサプリメントや、幾つかのアスコルビン酸と複合した健康食品よく見かける事ができるそうです。

色々な組み合わせのピクノジェノールは、タブレットでもカプセルでも高い安定性を示す為、ピクノジェノールを複合した多種類の製品は世界中で手に入るようになっています。もちろん日本でも製薬会社や健康食品メーカーが売り出しているので手に入れることができます。
posted by pikipiki at 15:02 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副作用

注目を集めつつあるピクノジェノールですが、副作用が心配になりますが、大きな副作用はないようです。

ピクノジェノールは、スイスの医療品メーカーのフォーファーリサーチ社が登録商標を得たものです。アメリカでは抗酸化作用、血栓症、脳卒中、心臓病、ADHDに対する効果の用途特許、日本では月経困難症や子宮内膜症の治療効果特許を得ています。

治療現場ではピクノジェノールが多く使われているということです。

ピクノジェノールの安全性に関しては、急性毒性試験、感作性試験、眼粘膜刺激性試験、皮膚一時刺激性試験、生殖毒性試験、ヒトパッチ試験などの各試験によって安全性が立証されています。また、2003年にはアメリカで、食品としての安全性を証明する認定も受けています。

副作用についてですが、ピクノジェノールには、薬剤の様な副作用はありません。まれに、胃の弱い人などには胃もたれや胃痛を起こす原因になる可能性はあるようですが、食事中、食後すぐの摂取ならほとんど問題はないそうです。

ごく稀には、松アレルギーの人が摂取した場合、発疹が出る可能性もありますが、ピクノジェノールはアメリカ食品医薬品局の低アレルギー誘発性製品に認定されたアレルギー対策商品となっています。

ピクノジェノールはアメリカ、フランス、日本の他にも、イギリス、ドイツ、イタリアなどの研究者によっても安全性が確認されているので、深刻な副作用といった心配はなさそうですね。他の健康食品でも起こりうる軽微な作用といっても良いと思います。

注意したいのは、過剰摂取です。ピクノジェノールには血液をサラサラにする効果があるので、怪我をした場合に血が止まりにくくなるといったことがあることです。また、妊娠中や授乳中の摂取にも気をつけたほうが良いようです。あくまで、個人差はあるようですが。

副作用も少なく、万能の成分とも言われるピクノジェノールですが、摂取の仕方には少し注意も必要となります。
posted by pikipiki at 12:39 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピクノジェノールの効果とは

ピクノジェノールは、フランス生まれですが、最近は日本でもよく見かける成分となってきたようです。ピクノジェノールの別名「フラバンジェノール」で目にした事があるかたも多いかもしれません。

ピクノジェノールの効果には多様さがあり、それでピクノジェノールを使った商品も増えてきたのでしょう。

実際、ピクノジェノールの効果にはどんなものがあるのでしょう。少しまとめてみたいと思います。

まず、ピクノジェノールは局部や経口投与によって下肢部の潰瘍を治療する事が知られています。そのほか、美肌効果、コレステロールバランスへの効果、ストレスへの効果、U型糖尿病への効果、深部静脈血栓症の緩和、静脈疾患への効果、などが知られています。

さらに、糖尿病性網膜症への効果、高脂血症、血栓の予防、ガンの予防、注意欠陥多動性障害への効果、鎮静作用、子宮内膜症や生理痛への効果、こむら返りへの効果、慢性疲労症候群への効果、花粉症やアトピー性皮膚炎、アルツハイマー病などへの効果、眼精疲労、インフルエンザへの効果、白内障、高血圧、足のむくみ、などへの効果です。

挙げると、結構な効果が期待できることがわかりますね。医療への効果が高いようです。「薬をしのぐ健康食品」といった所でしょうか。

ピクノジェノールは、オリゴメリック・プロトシアニジンというものを主体とした約40種類の有機酸を含んだ生体フラボノイドの複合体だそうで、とても強い抗酸化作用のある物質であるということです。

また、ピクノジェノールの有効な成分は、水溶性であることから体内への吸収が容易なんですね。

こういったことからも、ピクノジェノールは生活習慣病から美容にまで効果のあるとても注目できる健康食品なのではと思います。
posted by pikipiki at 12:16 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。