普段の生活にサプリメントを取り入れてる人は年々増えているようです。すっかり定着したといっても良いでしょう。一口にサプリメントといっても大変多くの種類があります。そんな中、ピクノジェノールというサプリメントに注目してみたいと思います。ピクノジェノールは、フランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ているものです。ピクノジェノールにはフラボノイドが多く含まれていて、その有効性も大変多くの試験によって知られています。

ストレス

ストレスはほとんどの人が抱えているわけですが、ピクジェノールが直接ストレスを緩和してくれるわけではありません。ストレスが引き起こすさまざまな危険因子から守ってくれるものとして、ピクノジェノールは大変有効なのです。

現代の社会では、仕事のストレスや人間関係のストレスなどさまざまなストレスが多くあります。このストレスによって食事が乱れたり、喫煙が増えたりと身体に害を引き起こすことが自然と増えてしまいます。

不健康なライフスタイルになってしまうことで、病気の危険性がとても高くなってしまうわけですが、特に怖いのは生活習慣病です。中でも血管系の病気には特に注意が必要です。なかなか普段から気をつけて、生活習慣を改めるのは困難な人が多いのも実情のようで、医師から「高い血圧を下げる薬を、高いコレステロールを下げる薬を、動脈が詰まらないように血液の抗凝結薬を飲みましょう」といった様な事を言われるまで放っておくことも多くなってくる事も事実です。

そうならないためには、やはり日頃からの予防が大切となります。そこで、この予防に多くの可能性を提供してくれるのがピクノジェノールという訳です。

ピクノジェノールは、悪玉コレステロールの減少や善玉コレステロールの増加、高血圧の正常化などの効果がよく知られています。ピクノジェノールの摂取によって、動脈硬化や高血圧などを引き起こす日常のストレス因子から血管・心臓を守る可能性も得られる事が分かっているのです。そして、胃潰瘍や心臓病の予防効果もある事が知られています。

アメリカでは、コエンザイムQ10とともに、ピクノジェノールが大変売れているそうです。また、

ピクノジェノールは、心臓の健康むけの複合製品にも理想的な成分といえるようです。
コエンザイムQ10と共に、ピクノジェノールの売り出しはアメリカでも成功をおさめています。また、抗酸化作用のあるビタミンCやEと組み合わせたサプリメントや、幾つかのアスコルビン酸と複合した健康食品よく見かける事ができるそうです。

色々な組み合わせのピクノジェノールは、タブレットでもカプセルでも高い安定性を示す為、ピクノジェノールを複合した多種類の製品は世界中で手に入るようになっています。もちろん日本でも製薬会社や健康食品メーカーが売り出しているので手に入れることができます。
posted by pikipiki at 15:02 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

副作用

注目を集めつつあるピクノジェノールですが、副作用が心配になりますが、大きな副作用はないようです。

ピクノジェノールは、スイスの医療品メーカーのフォーファーリサーチ社が登録商標を得たものです。アメリカでは抗酸化作用、血栓症、脳卒中、心臓病、ADHDに対する効果の用途特許、日本では月経困難症や子宮内膜症の治療効果特許を得ています。

治療現場ではピクノジェノールが多く使われているということです。

ピクノジェノールの安全性に関しては、急性毒性試験、感作性試験、眼粘膜刺激性試験、皮膚一時刺激性試験、生殖毒性試験、ヒトパッチ試験などの各試験によって安全性が立証されています。また、2003年にはアメリカで、食品としての安全性を証明する認定も受けています。

副作用についてですが、ピクノジェノールには、薬剤の様な副作用はありません。まれに、胃の弱い人などには胃もたれや胃痛を起こす原因になる可能性はあるようですが、食事中、食後すぐの摂取ならほとんど問題はないそうです。

ごく稀には、松アレルギーの人が摂取した場合、発疹が出る可能性もありますが、ピクノジェノールはアメリカ食品医薬品局の低アレルギー誘発性製品に認定されたアレルギー対策商品となっています。

ピクノジェノールはアメリカ、フランス、日本の他にも、イギリス、ドイツ、イタリアなどの研究者によっても安全性が確認されているので、深刻な副作用といった心配はなさそうですね。他の健康食品でも起こりうる軽微な作用といっても良いと思います。

注意したいのは、過剰摂取です。ピクノジェノールには血液をサラサラにする効果があるので、怪我をした場合に血が止まりにくくなるといったことがあることです。また、妊娠中や授乳中の摂取にも気をつけたほうが良いようです。あくまで、個人差はあるようですが。

副作用も少なく、万能の成分とも言われるピクノジェノールですが、摂取の仕方には少し注意も必要となります。
posted by pikipiki at 12:39 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピクノジェノールの効果とは

ピクノジェノールは、フランス生まれですが、最近は日本でもよく見かける成分となってきたようです。ピクノジェノールの別名「フラバンジェノール」で目にした事があるかたも多いかもしれません。

ピクノジェノールの効果には多様さがあり、それでピクノジェノールを使った商品も増えてきたのでしょう。

実際、ピクノジェノールの効果にはどんなものがあるのでしょう。少しまとめてみたいと思います。

まず、ピクノジェノールは局部や経口投与によって下肢部の潰瘍を治療する事が知られています。そのほか、美肌効果、コレステロールバランスへの効果、ストレスへの効果、U型糖尿病への効果、深部静脈血栓症の緩和、静脈疾患への効果、などが知られています。

さらに、糖尿病性網膜症への効果、高脂血症、血栓の予防、ガンの予防、注意欠陥多動性障害への効果、鎮静作用、子宮内膜症や生理痛への効果、こむら返りへの効果、慢性疲労症候群への効果、花粉症やアトピー性皮膚炎、アルツハイマー病などへの効果、眼精疲労、インフルエンザへの効果、白内障、高血圧、足のむくみ、などへの効果です。

挙げると、結構な効果が期待できることがわかりますね。医療への効果が高いようです。「薬をしのぐ健康食品」といった所でしょうか。

ピクノジェノールは、オリゴメリック・プロトシアニジンというものを主体とした約40種類の有機酸を含んだ生体フラボノイドの複合体だそうで、とても強い抗酸化作用のある物質であるということです。

また、ピクノジェノールの有効な成分は、水溶性であることから体内への吸収が容易なんですね。

こういったことからも、ピクノジェノールは生活習慣病から美容にまで効果のあるとても注目できる健康食品なのではと思います。
posted by pikipiki at 12:16 | 効果 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ピクノジェノールとは

ピクノジェノールとはいったいどんなものなのでしょうか。あまり、あまりメジャーではありませんが、ピクノジェノールについて簡単にまとめてみました。

ピクノジェノール
は、フランス生まれの健康成分です。フランス南西部のガスコーニュ地方ランド海岸に生育する海岸松樹皮から摂った天然植物抽出物から出来ています。フラボノイドの含有量が多く、その有効性は120件以上もの試験によって知られています。


松の樹皮であるフラボノイドポリフェノールは、もともと、ネイティブ・インディアンが松の樹皮を煎じてお茶として飲んでいたそうです。13世紀ごろの記録に、フランス人の探検家がカナダ原住民から与えられた松の樹皮と針葉を煎じたお茶を薬として使用したというのが残っています。

そして、その400年もあとに生理活性のあるフラボノイドの研究が始まり、ヨーロッパでの研究によって、生理活性の高いフラボノイドが含有している事が発見されます。それが、フランス海岸松の樹皮だったわけです。

その抽出物をホーファーリサーチ社というスイスの会社が「ピクノジェノール」として販売をスタートしました。別名では「フラバンジェノール」とも知られています。

日本でもピクノジェノールが配合されたサプリメントや化粧品などが発売されているので気になる方は試されてみてはどうでしょう。
posted by pikipiki at 11:54 | ピクノジェノールについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サプリメントとは

身体に必要な栄養素を全て食事から摂るのは難しいものです。好き嫌いも出てきますしね。身体に必要な栄養素は、当サイト紹介するピクノジェノールをはじめ、コエンザイムQ10やミネラル、ビタミン類などです。特にピクノジェノールなどは松の樹皮から摂れるものなので食事から摂る事はとても難しい栄養素と言えます。

そこで、サプリメントということになるのですが、あらためてサプリメントとはどういったものなのでしょうか。サプリメントの意味について考えてみたいと思います。

サプリメントはもともとアメリカのダイエタリー・サプリメントの訳語だそうです。アメリカでは、医療費が日本と比べてとても高いのです。公的な健康保険制度というものもありません。したがって、日頃の健康管理は自分でしなければならず、薬よりも安価なサプリメントが幅広く普及しているのです。

日本では、もともと、サプリメントは身体に不足した栄養素を補充する目的で使用されてきましたが、健康意識の高まりとテレビなどでも頻繁に取り上げられるようになったことと、医療費の高まりの対策としての国政の予防医学として、法整備や規制緩和が行われた事からも日本でも一大市場となったようです。

サプリメントがアメリカで普及しだしたのは1910年ごろだそうです。ビタミンのサプリメントの消費から始まりました。日本でサプリメントの販売が可能になったのは、1996年です。規制が緩和されたわけです。現在、栄養補助食品や健康補助食品とも呼ばれ、略称はサプリとして知られていますが、法的には食品の区分になっています。

今は、さまざまなサプリメントがどんどん市場に出てきていますが、よくないイメージも少なくありません。たとえば、マルチ商法といった病気の人の心理に漬け込んだ、悪質なことも行われたりしています。
posted by pikipiki at 11:22 | サプリメントについて | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。